本文へ移動する

フォトアルバム

7月の行事食は「七夕」でした

2021.07.09

献立(常食):七夕そうめん (薬味付)、星コロッケ、アボカドサーモンサラダ、三色ゼリー

 

7月7日は七夕ですが、何か短冊に願い事は書きましたでしょうか?

七夕は織姫と彦星が1年に1度だけ、天の川で会える日とされています。

七夕では、行事食としてよく知られている食べ物があります・・・それは『そうめん』です。

「天の川に見立てて食べる」という説もありますが、もともとは七夕が中国から伝来した際に、共に言い伝えられた「索餅(さくへい)」がそうめんの起源であるとされています。

索餅は中国に伝わるねじり菓子で、中国には「七夕に索餅を神様にお供えし、無病息災を祈る」という風習があったそうです。油を塗ってひねり乾かした索餅は、そうめんと形が似ています。さらに、そうめんが織姫を連想させる織り糸に似ていたことから、徐々にそうめんが供えられ、食べられるようになったと言われています。

当院でも七夕そうめんとさせてもらいました。

患者様から『星がいっぱいで輝いているね』『童心にかえっていただきます』と嬉しい声をたくさん頂きました。

まだまだ暑い時期が続きますが、体調に気をつけていきましょう。

ページ先頭へ戻る