本文へ移動する

事務部

事務部の基本方針

  • 患者満足度の視点から
    • ①明るく元気な挨拶を心がけ、接遇の向上を目指します。
    • ②患者さんに、わかりやすく丁寧な対応に努めます。
    • ③患者さんの立場に立って、意見を聞きます。
  • 自己のスキルアップの視点から
    • ①研修会に積極的に参加し、スキルアップを図ります。
    • ②常にプロ意識を持ち、業務に必要な知識の習得に努めます。
    • ③ビジネススキルの向上のため、モチベーションの維持を心がけます。
  • 健全経営の視点から
    • ①常にコスト削減を意識し、業務の改善に努めます。
    • ②定期的にマニュアルの見直しを行い、事務処理の効率化を図ります。
    • ③収益の増加に向けた取組を実践します。

事務部門の紹介

写真:事務部門職員の働いている様子

当院の事務部は、総務課、医事課、地域医療連携室及び診療支援室により構成しています。事務部の職員数は、事務職員18名、診療情報管理士3名、SE1人、医療ソーシャルワーカー3人、医師事務作業補助者2名の合計28人(平成29年4月1日現在)です。
患者さん中心の安心・安全な医療を提供するために、それぞれにプロ意識をもって業務を遂行しています。20代、30代の若い職員が多く、部署間の隔たりもなく、コミュニケーションがよく取れており、働き甲斐のある職場です。
病院内で開催するイベントや研修会などでは、会場設営の準備から研修まで全員が積極的に参加し、自己のスキルアップに努めています。
地域の医療を支える基幹的な病院に勤務する一人として、全ての事務職員が一丸となって患者さんのために、信頼される職員となれるように、今後も日々精進していきたいと考えています。

事務部長 櫻井 文雄

ページ先頭へ戻る