本文へ移動する

内視鏡

概要

写真:内視鏡の検査の様子

当院の内視鏡室では、一年間で上部1200件、下部400件の内視鏡検査・治療を行っております。内視鏡検査は、早期発見・早期治療を目指す上では、症状が出る前または症状が軽いうちに検査を受けて頂く事が必要です。
当院では、内視鏡検査を安心して楽に受けて頂くために、希望される方に対しては、鎮静剤を使用しております。内視鏡検査が辛かった方や不安な方はご相談ください。 胃癌・食道癌・大腸癌などの早期発見には、内視鏡による定期検診が非常に重要です。

検査に使用する医療機器は、電子内視鏡装置と拡大内視鏡と併用し、早期癌の発見や癌の範囲診断などの内視鏡診断に役立てています。
洗浄機器は高速型内視鏡洗浄消毒器を2台設置し、内視鏡検査1回毎に高水準の洗浄消毒を行い、スタンダード・プレコーション(標準予防策)を実践しています。内視鏡機器点検も毎回実施し、安全に内視鏡検査を受けて頂けるように取り組んでおります。生検鉗子類はディスポーザブルとし、万全の感染対策を行っています。
また、内視鏡専門医のほか、消化器内視鏡技師認定を取得したスタッフを中心に安全な検査を心がけています。

ページ先頭へ戻る