本文へ移動する

平成28年度

平成28年度 村立東海病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 10 22 24 41 51 97 183 259 99
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
●年齢階級を10歳で区切っております。(90歳以上は1区切りです。)
◇当院の入院患者さんの年齢階級は上記のとおりです。
◇70歳以上の入院患者さんが全体の68.8%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 30 13.23 12.43 10.00 73.67
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 22 5.59 5.24 0.00 66.95
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 14.69 17.95 6.25 84.88
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 15 19.13 13.60 0.00 84.47
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 12.71 9.93 35.71 83.50
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
◇第1位は尿路系感染症、第2位は前庭機能障害、第3位は心不全、第4位は肺炎、第5位は胆管結石となっております。
◇平均在院日数は全国平均と比較して各疾患0.8日~5.53日長い傾向にあります。その中でも、心不全に関しては▲3.26日と短い傾向にあります。
◇平均年齢は、それぞれ尿路系感染症73.67歳、前庭機能障害66.95歳、心不全84.88歳、肺炎84.47歳、胆管結石83.50歳と上位5位のうち4件は高齢となっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし - - 6.91 - -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.89 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.57 - -
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.20 - -
060102xx97xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 その他の手術あり - - 12.03 - -
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平均在院日数は虫垂炎▲0.34日、憩室性疾患(手術なし)▲1.89日と全国平均より短く、腹腔ヘルニア2.03日、胃の悪性腫瘍(手術なし)7.55日、憩室性疾患(その他の手術あり)5.3日と全国平均より長い傾向となっております。
◇平均年齢については、虫垂炎は45.71歳と比較的若く、他4疾患は73.33歳~85.50歳と高齢となっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 56 41.71 26.26 0.00 76.95
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 50 45.20 27.63 6.00 84.00
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 29 25.21 17.99 0.00 73.69
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 20 37.00 20.57 5.00 83.50
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 16 10.06 5.49 0.00 64.38
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
◇平均在院日数は、全国平均と比較して各疾患4.57日~17.57日長い傾向となっております。
◇平均年齢については、前腕骨折が64.38歳と比較的若く、他4疾患は73.69歳~84.00歳と高齢となっております。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.44 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.43 - -
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2なし - - 13.33 - -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.89 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし - - 5.50 - -
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平均在院日数は、全国平均と比較して各疾患▲0.89歳~▲11.33歳と短い傾向となっております。
◇平均年齢については、各疾患7.50歳~14.00歳となっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - 7
大腸癌 - - - - - - - 7
乳癌 - - - - - - - 6
肺癌 - - - - - - - 6
肝癌 - - - - - - - 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平成28年度は、各疾患の初発・再発(各ステージ)10件未満でしたので「-」で表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 36 20.58 85.28
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇当院は、中等度の成人市中肺炎が最も多くなっております。
◇中等度の成人市中肺炎は、平均年齢が高く、平均在院日数も長くなっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平成28年度は、各疾患の初発・再発(各ステージ)10件未満でしたので「-」で表示しております。
◇平均在院日数は、脳梗塞62.00日(発症日から3日以内)、61.80日(その他)となっております。
◇平均年齢は、脳梗塞75.00歳(発症日から3日以内)、84.60歳(その他)となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K0842 四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足) - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平成28年度は、各手術件数が10件未満でしたので「-」で表示しております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 22 0.09 1.73 0.00 61.50
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平成28年度は、鼠径ヘルニア手術以外の各手術件数が10件未満でしたので「-」で表示しております。
◇手術件数第1位となっている鼠径ヘルニア手術を主に当院では行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 70 2.27 40.13 1.43 75.84
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 34 1.32 18.76 0.00 61.12
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 33 3.21 42.79 0.00 84.82
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 33 3.06 21.91 0.00 75.09
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 24 2.63 43.79 12.50 82.92
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
◇人工関節置換術の件数が第1位となっており、当院では主に股関節・膝関節の人工関節置換術を行っております。
◇骨折観血的手術は、前腕、下腿が第2位、上腕、大腿骨が第3位となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 1.25
異なる - -
●平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇当院での手術・処置等の合併症は10件ほど発生しており、発生率は1.25となっております。
◇合併症が発生しないように治療に努めておりますが、全国的にも発生率は1.00〜2.00となっております。
処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの:1件、手術創の離開,他に分類されないもの:1件、処置に続発する感染症,他に分類されないもの:1件、体内関節プロステーシスの機械的合併症:5件、体内関節プロステーシスによる感染症及び炎症性反応:2件が発生しております。
更新履歴
20170928
平成28年度分公開
20171002
一部修正
ページ先頭へ戻る