本文へ移動する

薬剤室

はじめに

写真:薬剤室の室内

当院においては、外来患者さんのお薬は、原則院外処方となっているため、調剤は入院患者さんのみとなっています。病棟においては、注射の患者・1手技ごとの払い出し 、定数配置薬の管理、内服薬の配薬ボックスへのセット、持参薬の管理を行っています。また、薬剤管理指導業務にも力を注ぎ、服薬指導を通じて情報提供を行い、医薬品の適正使用及び安全性の確立を日々目指しております。
電子カルテと調剤支援システムとの連携により処方箋監査、薬歴管理、帳票ラベル類の打ち出し等を行い、より安全な業務を行っています。

スタッフ紹介

薬剤師 4名
調剤事務補助者 1名

薬剤室のご案内

調剤業務

写真:調剤の様子

飲み合わせの悪い薬や、効果が同様な薬が処方されていないかなど、処方せん記載内容を確認し、患者・服用方法・服用日毎に準備し病棟へ配薬します。

注射薬業務

写真:注射薬業務の様子

《注射ラベル・注射箋の打ち出し》
電子カルテで医師がオーダーした内容を部門システムで受付処理を行った後、注射ラベル・注射箋を打ち出します。

《注射薬取り揃え、患者・手技毎にセット》
注射薬の総払い出し数量(1日分)を取り揃えた後、患者毎・手技毎にセットしていきます。

《注射薬監査》
以下の点に注意を払い注射薬を監査しています。
①指示されている薬と実際にセットされている薬の確認
②用法・用量の確認・・・注射薬により様々な投与経路、投与速度があり指示が適切か確認を行っています。
③配合変化・・・注射薬の中には、一緒に混ぜると濁ったり効果が減弱するものがあります。適切な薬物治療効果が得られるのか確認を行い病棟へ払い出しを行います。

薬剤管理指導業務

薬剤師には、薬剤師法により『患者又はその看護にあたる者に対して、薬剤の適正な使用のために必要な情報を提供しなければならない』と義務付けられています。病棟で医師や看護師などと連携をとりながら、患者さんに使われる薬について相談したり、副作用が出ていないかなどのチェックをしたり、患者さんと対面して薬についての情報を提供するなど、すべての入院患者さんが安心した入院生活を送れるよう日々努力しています。

ページ先頭へ戻る