本文へ移動する

院内感染対策指針

院内感染対策指針

  1. 感染制御に関する方針

    患者及び職員の院内感染に留意し、感染発生の際には原因の速やかな特定、制圧、終息を図ることは、医療提供施設として重要な責務であり、院内感染防止対策を全職員が把握し、指針に沿った医療が提供できるよう、本指針を作成するものである。

  2. 院内感染制御組織体制の整備
    • (1)院内感染防止対策を迅速に実施するため、院内の各部門からの代表者で構成する組織横断的な委員会等を次のとおり設置する。
      • ①院内感染対策委員会(以下「委員会」という。)
      • ②感染マネジメント部会(以下「部会」という。)
    • (2)前項に規定する委員会及び部会の組織及び運営については、「村立東海病院院内感染対策委員会規程」及び「村立東海病院感染マネジメント部会規程」に定める。
  3. 院内感染防止のための研修

    感染制御に関する方針及び具体的方策について、新規採用職員や全職員対象に年2回、職種横断的に教育研修を開催し、周知徹底する。

  4. 院内感染発生時の対応

    異常発生時は、状況及び患者への対応などを当該部署の責任者は、委員会委員長へ報告する。連絡を受けた委員会委員長は、直ちに院内感染対策委員会を開催し、速やかに原因究明、改善策を立案し、実施するために全職員に周知徹底を図る。

  5. 患者さん等への情報提供と説明

    本指針は、当院ホームページにおいて、患者さん・ご家族等が閲覧できるようにする。
    患者さん・ご家族等に対し、病状説明とともに感染防止の基本について説明し、了承が得られた上で感染制御の協力を求める。

  6. その他院内感染防止対策の推進のための必要な事項

    職員は、感染対策マニュアルに沿って、職業感染の防止に努める。
    職員は、自らが院内感染源とならないよう、定期健康診断を年1回以上受診し、健康管理に留意する。
    院内感染対策指針及び感染対策マニュアルは、委員会にて適宜見直しを行い、幹部会議の承認を得て改訂する。
    院内感染対策指針及び感染対策マニュアルは、文書ファイルで各部署に配布し、職員が誰でも閲覧できるようにする。

ページ先頭へ戻る