本文へ移動する

平成29年度

平成29年度 村立東海病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 10 10 20 31 58 80 197 259 119
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
●年齢階級を10歳で区切っております。(90歳以上は1区切りです。)
◇当院の入院患者さんの年齢構成は上記のとおりです。
◇70歳以上の患者さんが約73%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 22 20.91 12.34 4.55 76.95
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 21.57 17.71 4.76 89.10
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 34.53 20.83 5.88 89.76
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 14 25.93 15.12 0.00 87.07
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 14 10.57 7.87 0.00 65.14
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
◇第1位は尿路系の感染症、第2位は心不全、第3位は誤嚥性肺炎となっております。
◇平均在院日数は、全国平均と比較して各疾患とも長い傾向にあります。
◇平均年齢は、65.14歳から89.76歳と上位5位までは高齢となっております。
■尿路系の感染症とは尿路感染症、膀胱炎、急性腎盂腎炎など泌尿器の感染症です。
■憩室とは、腸などの壁の一部が内側から外側に向かって袋状に突出したものをいいます。憩室性疾患とは、憩室が感染したり、出血したりしたものです。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 5.70 - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし - - 5.94 - -
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし - - 7.53 - -
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇小児科の入院患者は3疾患のみですべて10件以下でした。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.87 - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 8.98 - -
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし - - 9.06 - -
060210xx9700xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 14.71 - -
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - 6.64 - -
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇外科は上位5位すべて10件以下でした。
■憩室とは、腸などの壁の一部が内側から外側に向かって袋状に突出したものをいいます。憩室性疾患とは、憩室が感染したり、出血したりしたものです。
■腸閉塞は異物や腸捻転などにより腸管通過が障害される疾患です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 48 48.27 27.09 4.17 84.81
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 47 40.45 25.09 0.00 76.04
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 35 24.71 17.28 0.00 71.37
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 20 40.75 23.14 5.00 77.65
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 19 39.42 19.94 0.00 81.32
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平均在院日数は、全国平均と比較して各疾患とも長い傾向にあります。
◇平均年齢は、71.37歳から84.81歳と上位5位までは高齢となっております。
■股関節大腿近位骨折は大腿骨の付け根の骨折です。脊柱管狭窄は何らかの原因で脊椎の神経の通り道が圧迫されている疾患です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - - - 1
肝癌 - - - - - - 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇平成29年度は、各各疾患の初発(各ステージ)、再発とも10件未満でした。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 38 19.39 79.92
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇中等症は38件、その他は10件未満でした。
◇平均在院日数は19.39日、平均年齢は79.92歳と高齢となっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 15 30.53 80.00 0.00
その他 - - - -
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇発症から3日以内が15件、その他は10件未満でした。
◇平均在院日数は30.53日、平均年齢は80.00歳と高齢となっています。
◇転院率は0.00%でした。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇内科の手術については、上位5位とも10件未満でした。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 11 0.09 1.55 0.00 63.73
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K714 腸管癒着症手術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇鼡径ヘルニア手術が11件、その他は10件未満でした。
◇鼡径ヘルニア手術は、入院当日の手術が多く、平均術前日数が0.09日と短期となっております。
◇腹腔鏡下胆嚢摘出術も10件未満ですが、実施しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 77 2.78 38.30 2.60 76.18
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 47 1.96 41.32 4.26 81.85
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 40 4.00 23.50 0.00 71.88
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 39 0.95 18.41 0.00 69.72
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 26 4.15 52.35 0.00 85.62
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇人工関節置換術は、股関節、膝関節の手術の合計です。
◇骨折手術は大腿骨が2位、前腕骨・下腿骨の合計が4位、大腿骨骨折による人工骨頭挿入術が5位となっております。
◇平均年齢は69.72歳から85.62歳と高齢となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
●平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんのデータとなります。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
◇各項目とも10件未満であったため「-」で表示しております。
更新履歴
20180926
新規公開
ページ先頭へ戻る