本文へ移動する

患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務について

医療は、患者さんと医療従事者とのお互いの信頼関係に基づき、作り上げていくものです。そのためには、患者さん自身が主体的に医療に参加していただかなければなりません。本院では、患者さん参加の医療を実践するために、患者さんと医療従事者が共に尊重すべき権利や責務をまとめました。

  • 患者さんの権利
    1. 個人としての人格が尊重される権利

      患者さんには、個人としての人格、価値観などを尊重される権利があります。

    2. 良質な医療を平等に受ける権利    

      患者さんには、良質な医療を平等に受ける権利があります。

    3. 自らが医療に参加する権利    

      患者さんには、自ら診療計画の立案に参加して治療方針を決定する権利があります。

    4. 個人のプライバシーが守られる権利    

      患者さんには、自分の診療に関する個人情報やプライバシーを厳正に保護される権利があります。

    5. 自分が受ける医療について知る権利    

      患者さんには、自分が受けている医療について、説明や診療記録の開示を求める権利があります。

    6. 病院や他の医師を選ぶ権利    

      患者さんには、いつでも他の医師から意見を聞いたり、他の病院を選ぶ権利があります。

  • 患者さんに守っていただきたい責務
    1. 患者さんは、良質な医療を提供するために、医師をはじめとする病院職員に対し、ご自分の健康に関する情報を正確にご提供ください。
    2. 患者さんは、医師をはじめとした病院職員の指導と協力を真摯に受け止め、自らの健康の回復、維持及び増進に積極的に取組んでください。
    3. 患者さんは、全ての患者さんが適切な医療を受けられるようにするために、他の患者さんの治療や病院職員の医療提供に支障を与えないよう配慮してください。
    4. 患者さんは、病院の規則を遵守し、治療に専念するよう努めてください。
ページ先頭へ戻る