本文へ移動する

お知らせ

四種混合ワクチン(テトラビック皮下注シリンジ)の一部製品の自主回収について

2019.12.20

 このたび、一般財団法人 阪大微生物病研究会(以下、阪大微研)が製造した四種混合ワクチンについて、ポリオの有効成分が有効期間内に承認規格を下回ったとして、一部ロットの製品が自主回収されました。

 それに伴い、厚生労働省から通知がありましたのでお知らせします。

厚生労働省通知(PDF形式)

 厚生労働省通知によると、安全性に影響があったとする報告はなく、該当のロット製品と同等の有効成分を持つワクチンを使用した場合でも、十分なポリオウイルスに対する抗体を獲得することが臨床試験において確認されているため、改めて接種する必要はない考えられるとのことです。

 

 該当のロット製品に関する詳細につきましては、下記問い合わせ窓口にお問い合わせください。

問い合わせ窓口

 一般財団法人阪大微生物病研究会 問い合わせ窓口

 フリーダイヤル 0120-280-980(土日・祝日を除く、午前9時から午後5時30分まで)

該当のロット製品

  • ・製品名「テトラビック皮下注シリンジ」
  • ・該当ロット番号 4K23A・4K23B・4K23C・4K24A・4K24B・4K24C 
  •  村立東海病院で上記ロット番号の使用期間は2018年6月5日から12月13日までです。

 

2019年12月20日

村立東海病院 管理者

ページ先頭へ戻る