本文へ移動する

フォトアルバム

6月の行事食は「入梅」でした

2020.06.17

献立(常食):あじさいご飯、いわしの梅煮、茶碗蒸し、きゅうりの酢の物、和菓子

 

 入梅とは、暦の中で梅雨入りの頃を表す言葉で、今年は6月10日です。一方、気象庁の発表では、関東の梅雨入りは翌日の6月11日でした。

 日本では昔から季節や節目に合わせて行事食を食べる習慣がありますが、入梅の時期ということで、今回の行事食は、あじさいを表現したご飯と、この時期に脂がのって美味しいとされるイワシを使ったお食事を提供させていただきました。

雨天が多くなり湿度も高くなり、食中毒も多くなる時期です。冷菜として酢の物を取り入れましたが、お酢には、雑菌の繁殖を抑えて食中毒防止の効果があるといわれています。

 梅雨の時期は、心身ともに不安定になりやすい時期ともいえます。健康維持のためには、バランスのよい食事・適度な運動・睡眠など、生活習慣に気を配る必要があります。

 

梅雨が明けると、本格的な暑さがやってきますので、梅雨を元気に乗り切って夏に備えましょう。

5月の行事食は「こどもの日」でした

2020.05.11

 献立(常食):ランチプレート(から揚げ・エビフライ),ポトフ,かぼちゃサラダ,ぶどうゼリー

 

今回のこどもの日は、「お子様ランチ」をテーマにしました。大人になるとなかなか食べることが出来ないですよね。そんなお子様ランチはどのようにして始まったのでしょう。

 

お子様ランチは、1930年12月1日 東京日本橋の三越デパートが発祥とされます。当時は世界恐慌で暗い時代であり、「せめて子ども達だけでも明るい気持ちになって欲しい」という想いから考案されたと言われます。お子様ランチ発祥の時点で、既に現在と同じようなメニュー内容が確立されていました。

 

日本橋三越がお子様洋食を提供し始めてから3ヶ月後、上野の松坂屋の食堂にも同様のメニューが提供され始め、この時のメニュー名が「お子様ランチ」であり、現在ではこちらのメニュー名が普及したのです。

 

ちょっとのひと手間で、ご家庭でもお子様ランチプレートを作ってみてはいかがでしょう。

♯Stay Home

桜が咲きました

2020.04.08

当院の職員駐車場の隅に佇む2本の桜の木が、3月末に見頃を迎えました。お花見も自粛モードですが、ちょっとしたお花見気分を味わえました。

  

草むらでは、野鳥たちもお花見をしていました。

4月の行事食は「お花見」でした

2020.04.03

献立(常食):桜ご飯、ささみチーズフライ、春野菜の炊き合わせ、卵豆腐のかにあんかけ、桜餅風デザート

春らしく穏やかな季節となりました。

桜も満開で見ごろとなっていますが、今年は社会情勢により、ゆっくりと楽しむことも難しいですね。

今回の行事食は、「お花見」をテーマに、桜の入ったピンク色のご飯と桜餅風味のデザートで桜づくしとなっています。

もちろん免疫力アップにもなる旬の野菜も取り入れました。

少しでもお花見気分を味わっていただけたらと思っています。

 

4月は新年度や新生活など新しいスタートの季節ですが、環境の変化で体調を崩しやすい時期でもあります。

旬の食材を献立に取り入れて、免疫力を向上させましょう。

第9回健康公開講座を開催しました

2020.02.19

令和2年2月12日(水)に第9回健康公開講座を開催しました。

今回は、「認知症」をテーマに、当院の内科医である薄井 尊信管理者が講師を務めました。

認知症とはどのような症状が起こるのか、物忘れとの違い、認知症を予防するためにはどのようなことを心がけるべきなのかなどを、参加者一人ひとりに伝わるようお話ししました。

質疑応答のコーナーでは、「認知症だと判断するのに、どこにどう相談すればいいのだろうか」などたくさんの質問をいただきました。

講演の最後にアンケートを配布し、「今後も健康講座に参加したい」などの嬉しい声もいただきました。

講座にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

アンケートの集計結果は、こちらです。

 

アンケート内にて、いただいたご質問に対する回答は下記になります。

Q1.

薬の効能、副作用について詳しく知りたい。

A1.

以下の2つの方法があります。

①薬をもらっている薬局の薬剤師へ聞いてみる。

②PMDA患者向け医薬品ガイドで調べる。

薬の効能、副作用について詳細に記載されています。ただし、自己判断で薬の中断や飲み方を変更することは、大変危険ですので、疑問点があれば主治医や薬局の薬剤師へ相談してください。

<検索方法>

インターネット検索「PMDA」→「PMDA独立行政法人医薬品医療機器総合機構」ホームページをクリック→トップページ「一般の方向け」をクリック→「患者向医薬品ガイド」から知りたい薬品を検索

 

 

Q2.

同じ薬を飲み続けて良いのか?同じ効能の薬でも種類があるのか?同じ効能の薬を複数服用することはあるのか?薬の変更を医師に依頼することはできるのか?

A2.

薬は、患者さんの病態に合わせて医師が処方しています。薬の継続(同じ効果の薬を複数服用する)や薬の変更に関しては、主治医へ相談してください。患者さんの病態によっては、同じ効果の薬を複数服用することもあります。受診の際、お薬手帳(他医療機関で服用している薬の内容が分かるもの)を持参していただくことで、同じ効果の薬を複数飲むことを防ぐことができることもあります。

 

 

<お詫び>

今回の講座につきまして、定員に達したため、早期に申込受付を終了いたしました。この度、申込受付ができなかった皆様におかれましては、大変申し訳ございませんでした。

当院の健康公開講座は、年に3回ほど行われます。またの機会にお願いいたします。

薄井管理者が医療安全研修会の講師を務めました

2020.02.08

1月20日(月)に常陸大宮済生会病院にて、職員向けの医療安全研修会が行われ、当院の薄井管理者が講師を務めました。

皆さん、熱心に聞いてくださり、ありがとうございました。

受動喫煙防止講演会に参加しました

2019.11.28

令和元年11月27日(水)に、総合福祉センター「絆」にて「受動喫煙防止講演会」が行われ、当院の管理者である薄井が講師として参加しました。

「望まない受動喫煙から子どもたちを守ろう」と題して、喫煙や受動喫煙の子どもへの影響やサードハンドスモーク(残留受動喫煙)についての講演をしました。

 

質疑応答の時間では、ご参加くださった皆さんから「東海病院で禁煙外来ができない理由は?」「夫にタバコをやめさせる方法は?」などのご質問をいただき、薄井管理者が回答しました。

 

 

村立東海病院では、禁煙の講演を承っています。村内の自治体(コミセン)、職場、学校、役場、なごみ、絆などどこでも伺います。謝礼は不要です。

講演ご希望の方は、029-282-2188(村立東海病院 診療支援室 髙田)までお申し込みください。

第8回健康公開講座を開催しました

2019.10.18

令和元年10月16日(水)に、第8回健康公開講座を開催しました。

今回は、「肺炎の予防」をテーマに、当院の内科医である和田 昭仁医師が講師を務めました。

肺炎の種類や恐ろしさなどを学び、肺炎を予防するためには、ワクチンだけではなく、栄養、運動、インフルエンザ罹患防止が重要であることを認識する機会となりました。

講演後のアンケートでは、「大変参考になった」との声もいただき、盛況のうちに終えることができました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

参加者の皆さんにお答えいただいたアンケートの集計結果はこちらです

救急の日イベントに参加しました

2019.09.25

令和元年9月8日(日)に、ひたちなか市表町で行われた『TAMARIBA横丁』にて救急の日イベントも合同で開催され、当院もイベントに参加しました!

 

救急の日イベントでは、はしご車や救急車の展示、ナース服や防火服の着装体験、ミニ救急講習などが行われました。

大人から子どもまで楽しめるイベントとなっていて、たくさんの方で賑わっていました。

当院は、骨密度測定コーナーを担当し、合計258人もの方にご来場いただきました。

たくさんの方が並んでいる時間も・・・!

暑い中、ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

第41回東海まつりに参加しました

2019.08.14

今年も当院が東海まつりに参加しました!

お祭り前日まで台風の心配があり、開催が危ぶまれましたが、当日の午後はすっかり天気が回復し、無事に出店することができました。

当院は「骨密度測定」と「肌年齢測定」を行い、延べ280人の方にご来場いただきました。

テントに並んでいただいている方々には、昨年も好評であった当院オリジナルのうちわと風船を配布しました。

「毎年楽しみにしてる」という声をいただき、とても嬉しかったです!

暑い中、ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

ページ先頭へ戻る