本文へ移動する

村立東海病院

電話番号:029-282-2188
メニュー

English

フォトアルバム

6月の行事食は「入梅」でした

2024.06.11

献立(常食)あじさいご飯、いわしの梅煮、茶碗蒸し、ミックスビーンズサラダ、あじさいゼリー

 入梅は、芒種(ぼうしゅ:二十四気の一つ。陽暦六月六日ごろ)から5日目、立春から数えて135日目にあたる6月11日頃の時期をいいます。

 当院では、旬の食材を取り入れた入梅の行事食を提供させていただきました。

 「入梅いわし」の言葉もあるように、入梅(梅雨の時期)に水揚げされるいわしは、1年の中で最も脂が乗って美味しいといわれています。

 いわしには、体を作る良質なたんぱく質や骨粗鬆症に有効なカルシウム、カルシウムを体内に取り込みやすくするビタミンD、血中コレステロールや中性脂肪を減らす働きのあるEPA、脳の働きを良くするDHAなど栄養満点な食品です。

 また、ジメジメして落ち込みやすい気分を、見た目が爽やかなデザートで気分転換できればと考えて、あじさいゼリーを作りました。横から見ると、実は赤紫と黄緑の2色になっています。

 ←あじさいに見えますか?

 不安定な天気が続く梅雨は、気持ちが落ち込み、塞ぎ込むことが多くなるなど精神的なストレスを感じやすい時期です。バランスのよい食事・適度な運動・睡眠・上手な気分転換で梅雨を乗り切って、暑い夏に備えましょう。

5月の行事食は「こどもの日」でした

2024.05.14

当院では、5月5日に「こどもの日」をテーマにした行事食を提供させていただきました。

献立(常食) 混ぜご飯、鶏つくね照り焼、茶碗蒸し、カブのイタリアンサラダ、わたようかん

 

日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し、各種の行事を行う風習があります。現在では5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっています。

端午の節句のお祝いには、兜や五月人形、こいのぼりなどを飾り、ちまきや柏餅を食べたり、菖蒲湯に浸かったりして、無病息災を祈ります。おいしいご飯をしっかり食べ、病気を撃退しましょう。

ハラスメント研修会を行いました

2024.05.09

令和6年5月8日(水)に当院職員向けのハラスメント研修会を行いました。

今回の研修会は、現役弁護士を講師としてお招きしました。

どういう言動がハラスメントとして認められるのか、各種ハラスメントのポイントを教えていただきました。

今回の研修会を機に、職場環境が全職員にとってより良いものとなるように心がけていきたいと思います。

東海病院ギャラリーに作品を展示しています

2024.05.08

東海病院ギャラリー(1階中庭横通路)では、東海村内の美術製作愛好家のサークル(東海村アートロード)の作品を展示しています。

5月1日(水)に作品の入れ替えが行われ、新たな8作品が展示されています。

今回も素敵な作品で、壁面が綺麗に彩られています。

来院された方々からの感想を募っておりますので、作品横に設置されている用紙にご記入ください。
(感想は作者の方へお届けします!)

 

ご来院の際は是非ご覧になってください。

4月の行事食は「お花見」でした

2024.04.08

当院では、4月6日に「お花見」をテーマにした行事食を提供させていただきました。

献立(常食)◆ てまり寿司、煮物盛り合わせ、ひじきサラダ、すまし汁

 

今年は例年よりも遅い開花宣言もあって、桜がちょうど見頃な時にてまり寿司でお花見気分を味わっていただけました。

4月は何かと忙しいですが、季節の変わり目なのでくれぐれもお身体には気をつけてお過ごしください。

事後検証研修会を行いました

2024.03.18

 令和6年3月15日(金)に当院会議室において「ひたちなか・東海広域事務組合消防本部」と合同で、「事後検証研修会」が開催されました。

    

 事後検証研修会とは、救急隊員へ救急要請の電話連絡が入り、現地に到着してから患者さんの状態を診断し、医療機関へ救急搬送した際の救急隊員の診断が適切であったか、もっとやるべきことがあったのではないかなどを検証し、診療に従事した医師から意見を求める研修会です。また、医師から診断のポイントなどの説明を行い、今後の救急搬送の診断に役立たせるための意見交換をする場となっています。

 今年度当院に救急搬送された症例から「心筋梗塞疑い」「脳卒中疑い」「尿路感染症」による患者の症例報告があり、救急隊からの質問に対して、それぞれ和田医師、氷渡医師から搬送時における留意点や病状について、詳細に説明がなされました。

 また、消防から管内救急についての報告もあり、救急搬送の現状等について知ることができました。

 事後検証研修会で意見交換をすることによって、より救急医療に対する意識が高まり、救急隊と病院のお互いの協力が重要であることを再確認することができ、とても貴重な研修会となりました。

3月の行事食は「ひな祭り」でした

2024.03.06

常食献立 ◆ ちらし寿司、すまし汁、天ぷら、菜の花の酢味噌がけ、白桃羊羹

「ひな祭り」は「桃の節句」とも言われます。日本の伝統文化である五節句の一つで、女の子の無事な成長を願う日です。

今回は、縁起がよいとされているエビや錦糸卵、れんこんなどの食材を使用したちらし寿司や菜の花、白桃羊羹など春らしさを取り入れた献立で提供させていただきました。

舟石川3区自治会にて健康出前講座を行いました

2024.03.04

令和6年2月21日(水)に、舟石川3区自治集会所にて健康出前講座を行いました。

今回は舟石川3区自治会よりご依頼があり、「健康寿命を延ばすには」と題して宮﨑管理者が講演を行いました。

健康づくりのために予防した方がよいこと、気を付けた方がよいことなどをお伝えし、皆さんに今までの生活を見直していただきました。

今回の講座でお話しした内容をこれからの生活に取り入れていただき、健康を意識していただけると幸いです。

第10回健康公開講座を開催しました

2024.03.04

令和6年2月28日(水)に第10回健康公開講座を行いました。

今回は「生活見直しでフレイル予防!」と題して、当院の作業療法士である大内が講師を務めました。

フレイルとは何か、どのように生活を見直ししていけば良いのかなど、時折脳トレをしながらお話ししました。

参加された皆さんにもご自身の普段の生活を思い浮かべていただきながら、どのようなことをすれば良いかを考えていただきました。

脳トレでは頭と身体を使いながら行い、皆さんから楽しそうな表情が伺えました。

講演後のアンケートでは、「楽しくお話を聞くことができた」「また参加したい」との声をいただき、職員一同大変うれしく思います。

今後も、定期的に健康公開講座を開催し、地域の皆さんとの交流を深めていきたいと思います。

2月の行事食は「節分」でした

2024.02.05

献立(常食)

太巻き寿司、つみれの煮物、豆サラダ、けんちん汁、白桃缶

 

 節分の代表的な食べ物として福豆、いわし、恵方巻き等があります。今回は福豆のかわりに大豆の水煮を使用した豆サラダを、いわしは患者さんが食べやすい、つみれの煮物にしました。恵方巻きは、本来切らずに、その年の縁起よい方角を向いて食べるものですが、食べやすいサイズにさせていただきました。

 いわしは、DHAとEPAの両方をバランス良く含まれており、さらにカルシウムも豊富な食品ですので日常でも取り入れることをおすすめします。また、大豆は良質な植物性たんぱく質で、カルシウム、ビタミンB群、食物繊維も多く含まれています。大豆の水煮は、サラダや和え物、煮物などに少し加えてもおいしく食べられますので、ご家庭でもぜひ活用してはいかがでしょうか。

ページ先頭へ戻る